最終更新日:2018年4月09日

太陽光発電業者の倒産・撤退が急増中!

太陽光発電関連業者の倒産・撤退が急増しています。

 

固定価格買取制度が施行され、急激な成長を遂げていましたが、売電価格の引き下げの影響で徐々に勢いが衰える中、業者の淘汰が進んでいるともいえます。

 

2016年度は倒産件数が過去最悪となっています。

 

太陽光発電業者の倒産件数

帝国データバンク資料より抜粋

 

帝国データバンクは、2006年から太陽光発電関連業者の倒産の件数・負債額を公表しています。

年度 倒産件数 負債額(100万円)
2006年 21
2007年 1,772
2008年 20,445
2009年 11 2,776
2010年 345
2011年 13 3,808
2012年 18 4,876
2013年 17 4,748
2014年 21 4,482
2015年 36 9,127
2016年 67 33,328
合計 201 85,728

こちらの数字は、倒産のみの件数です。
倒産前に撤退する業者も多いことから、設置した業者がアフターサービスをしてくれない、あるいは連絡がつかない等のデメリットは更に大きくなることが予想できます。

 

実際に倒産しそうな業者を見極めることは困難ですが、倒産した業者の傾向を分析し、少しでもリスクを減らす事が大切です。

倒産した業者の傾向

帝国データバンクの資料から、倒産した業者の傾向が見えてきます。

 

太陽光発電業者の倒産は中小規模が多い  資本金が少ない(中小規模の)業者が多い
太陽光発電業者の倒産は中小規模が多い

 

倒産した業者の多くは資本金が5千万未満で、全体の90%以上を占めています。(調査対象は2006年〜2016年に倒産した201件)
また、半数以上が1千万〜5千万未満となっていて、【中小企業ではあるがそこそこの規模】の業者の倒産が際立っています。

 

 

太陽光発電業者の倒産は販売不振と事業上の失敗  倒産理由は『販売不振』がほとんど
太陽光発電業者の倒産は販売不振が多い
こちらの調査は、2016年中に倒産した65件が調査対象となっていて、半数以上の35件が『販売不振』が原因としています。

 

太陽光発電業者の倒産は販売不振と事業上の失敗  営業年数が短い

 

太陽光発電を主にした業者の倒産傾向

こちらのグラフは、2016年6月に帝国データバンクが公表した【太陽光発電を主な事業としている業者の倒産傾向】です。(調査対象は2006年〜2016年5月)

 

営業年数の短い業者(10年未満)の倒産が約7割を占めています。

 

 

上記のようなデータから、以下のような倒産パターンが見えてきました

 

  • 太陽光発電ブームで新規参入(営業年数の短さ)

    太陽光発電業者の倒産パターン

  • 価格を引き下げ、薄利多売で業績を伸ばす

    太陽光発電業者の倒産パターン

  • ブームが落ち着き、以前ほど勢い良く売れなくなる(販売不振)

    太陽光発電業者の倒産パターン

  • 資金繰りに行き詰まり、倒産

全ての業者に当てはまるわけはありませんが、このパターンが最も多いと予測できます。

業者倒産のリスク

太陽光発電業者が倒産した場合のリスク

 

頭金の持ち逃げ

 

最悪のパターンですが、契約後に頭金だけ受け取り、着工しないまま倒産されるリスクがあります。
この場合、当然頭金の返金は難しいでしょう。

 

かといって、頭金を請求する業者全てが倒産危機ではありません。
太陽光発電の場合は、半額程度の頭金を納入することが一般的です。
業者はユーザーから受け取った頭金で、『そのユーザーのオーダーメイド太陽光発電』をメーカーに発注します。

 

あまりにも倒産リスクを懸念しすぎて、頭金の支払いをしなくなってしまうと、優良業者も資金繰りが苦しくなってしまいます。

 

太陽光発電業者が倒産した場合のリスク

 

手抜き工事やメーカー保証対象外の工事

 

人件費の削減のため少ない人数で工事を行ったり、管理体制が疎かになってしまうと、手抜き工事や保証対象外の工事の危険性があります。

 

手抜き工事で先々雨漏りが起こっても、当の業者が倒産していては補償も期待できませんし、メーカー保証の聞かない工事では修理できても余計な費用負担がかかってしまいます。

 

太陽光発電業者が倒産した場合のリスク

 

シミュレーション値の上乗せ

 

本来であればメリットの出ないような設置kw数や設置条件で、太陽光発電に向かないお宅であっても、資金の厳しい業者であれば契約を取りたくなります。

 

当然、正直に『メリットはありませんが契約して下さい』とは言わないでしょうし、経済メリット以外を設置目的(災害時の備え等)としている方は以外は言われたところで契約する方はういないと思います。

 

では、どうするか・・・?メリットがあるように細工してしまえばいいのです。
シミュレーション値を上乗せし、実際には出ないメリットが出るように見せかけ、契約を迫ります。

 

実際、悪徳業者や訪問販売で契約し、『シミュレーションほど発電しない』トラブルは数多くあります。

 

太陽光発電業者が倒産した場合のリスク

 

アフターサービスや施工補償の不実施

 

業者が倒産してしまうと、全ての約束が履行されないと覚悟しておきましょう。

 

無料点検や雨漏り等の補償等、倒産してしまえば何に意味もありません。

 

あるいは、業者は履行出来ないことをわかった上で、契約欲しさにウマイ話をしているのかもしれません。

 

施工補償については、業者が倒産しても補償が引き継がれるようあ保険内容であれば問題ありませんが、資金繰りの厳しい業者がそこまで補償にお金を掛けているとは考えにくいですし、極端に多い無料点検も、人件費や手間を考えると現実味がありません。

 

アフターサービスや補償は、業者が健全であればこその安心です。

 

太陽光発電業者が倒産した場合のリスク

 

業者が倒産してしまうと、お金や信頼、安心等、すべてのものが失われてしまいます。

 

売電価格の引き下げが続き、太陽光発電もブームではなくなりました。
一時期の様に『設置すれば売電で必ず元が取れる・メリットがある』状態ではなく、じっくりと設置費用やメンテナンスを含めた維持費はもちろん、信頼できる業者かどうかを見極める時期に来ています。

全てのトラブルの元は1社だけの見積もり

※1社だけの見積りでの判断は、いくら激安店でも即決は厳禁です。

太陽光発電の費用は少しの手間で大げさではなく数十万変わります。正しい比較するためには最低でも3社の見積りが必要です。

何しろ販売店は比較する競争相手がいることで、オーバートークや、相場よりも高すぎる価格設定ができなくなります。販売店各社がオークションのように競うことでで安くなる確率が上がります。

ちなみに、消費生活センターによると、太陽光発電のトラブルの多くは「1社だけの見積もり」で契約してしまったケースがほとんどです。

1番無駄がなく、リスクを最小限にする見積もり方法

一括見積りサイトに登録したユーザーは、ネット販売店よりもさらに購入意欲の高いユーザーからの依頼に集中できるためです。サイト利用者のほとんどが、条件さえ良ければ購入しようと思っている最高のユーザーです。

そのうえ、一括見積りサイト運営会社が、事前に厳しい審査した『優良販売店』しか登録できません。

例えば、すぐに故障した、つけてすぐに雨漏りなどのトラブルがあった場合、第三者機関として一括見積りサイトの運営会社が監視していますので安心です。言い換えると「安かったけどトラブル」を回避することができます。

【激安】と【安心】の両立を求めるのならば≪一括見積もり(サイト)≫を活用するのが現時点では1番効率がよい方法だと断言できます。


  • 人件費やテナント費用などの削減による【激安販売】
  • 厳しい審査を通過した実績
  • サイト運営会社の第三者機関の監視による安心
しかも、一度の依頼で複数の販売店の見積りが届きますので、オークション形式で競争し、勝手に安くなるので効率が良いです。

一括見積もりで比較材料を増やし【ネット激安専門店】の見積りと比較検討。

ちょっと面倒くさくてズルいですが、この方法が現状では
【最安値に近づく1番の効率がよい方法】になります。

顧客満足度で選んだ一括見積りサイト
サイト名 実績 審査基準 特徴
タイナビ 8万5千件以上
  • 登記簿謄本の提出
  • 訪問審査
  • 施行保証書の提出
  • 利用者数100万人突破の超大手サイト
  • ユーザーからの苦情の多い業者は登録を解除
  • 外注施工の業者は外注先のIDも確認
太陽光発電システム見積比較.com 9万件以上
  • 実績1年以上および50件以上
  • 信販会社との取引
  • アフターフォローの十分な説明
  • 施工実績はタイナビ以上!
  • アフター面の対応の良さは有名
  • 地域密着業者のみを厳選
太陽光発電の一括見積りサイトはたくさんありますが、まず上記の2つのサイトであれば利用者人数、施工実績、審査基準などもしっかりしているのでまず問題ないでしょう。
※ちなみに管理人は実際にタイナビを利用して激安で導入しました。