最終更新日:2018年2月12日

無料設置と実質無料は全く違う!

『無料』というキーワードが共通していますが、実際には全くの別物です。

太陽光発電の実質無料と無料設置の違い

 

実質無料

太陽光発電導入時にローンを組み、売電収入で太陽光発電の設置費用を支払う。
正確には【実質、追加の負担がない】状態の契約です。

 

太陽光発電の無料設置

いわゆる【屋根貸し】契約がほとんどです。

 

実質無料にはトラブルが多い

太陽光発電の実質無料はローン支払いがほとんど

 

実際にはローンを組んで太陽光発電を導入し、売電収入と相殺するようになりますが、この支払い方法には大きな落とし穴があり、トラブルやクレームが多発しています。

 

太陽光発電のと実質無料のトラブル・クレーム例

 

実質無料のトラブル・クレーム例

 

  • 発電量が一定せず、ローンの支払いに足りない月がある
  • 自己消費が多く、ローンに回すほど売電できない
  • 売電の固定期間は10年間なのにローンは15年ある。残り5年をどうすれば・・・?

太陽光発電の導入時にしっかりとシミュレーションをし、メリットがあるとわかってから契約をしていれば起らないトラブルばかりです。

 

  • 太陽光発電は月によって発電量が変動すること
  • 売電できる量は各家庭の電気の使い方で個人差があること
  • 売電の固定期間は10年間(10kw未満の場合)で、この期の売電価格は未定なこと

実質無料を全面に出し、以上のような説明をしないまま契約を勧めてくる業者はあまり信用できません。

 

信用の出来ない業者との契約は、設置後のアフターサービスで更に大きなトラブルとなる可能性もあります。太陽光発電業者の倒産も相次いでいることから、本当に信用できるか、10年・20年と付き合っていける業者かを充分に検討して下さい。

 

太陽光発電業者の倒産に付いてはコチラで詳しく分析・解説しています。

無料設置には所有権・売電権利がない

太陽光発電の無料設置は維持費もかからない

 

無料設置はその名の通り、太陽光発電の設置時はもちろんメンテナンス等の維持費もかかりません。

 

ただし、自宅屋根上に設置するにもかかわらず、所有権はなく、発電した電力も自分のものではありません。屋根を太陽光発電業者に貸す【屋根貸し】契約です。

 

屋根貸し契約の形態は大きく分けて2種類あります。

  • 賃借料として発電の何割かをキッシュバック

    屋根貸しのオーソドックスな契約形態で、自治体が学校や公共施設で屋根貸し契約する場合もほとんどがこの形です。

     

    発電した電力は使用できず、所有企業が他の太陽光発電の発電分と合わせて全量売電しています。(非常時には使うことが出来ます)現在は受付していませんが、ソフトバンクの『おうち発電プロジェクト』がこの形でした。

     

    ソフトバンク【おうち発電プロジェクト】の詳細はこちら

  •  

  • 発電した電力を自宅で使い、使用料金を支払う

    最も注目されているのが、日本エコシステム『じぶん電力』です。

     

    電力自由化に伴い始まった新しい形で、太陽光発電の電力を自宅で消費し、消費分をじぶん電力に支払います。消費しきれずに余った発電分は、日本エコシステムが他の太陽光発電と合算して売電します。

     

    屋根上にじぶん電力の発電所が載っているイメージです。
    発電した電力は、屋根から直接屋内に供給され、1kwあたり27円(自分電力の標準プランの場合)で購入します。

     

    日本エコシステム【じぶん電力】の詳細はこちら

 

太陽光発電の無料設置(屋根貸し)の注意点
  • 契約期間中(20年間)の中途解約は違約金が発生する
  • 太陽光発電システム・発電した電力共に自分のものではない
  • 建て替えやリフォーム等、家主事情で太陽光発電の取り外しをする時は自己負担になる

 

太陽光発電の無料設置(屋根貸し)のメリット
  • 設置費用や維持費が一切かからない
  • 緊急時には非常用電源として使える
  • 20年後は無償譲渡され、自由に使うことが出来る
  • 屋根の賃貸料や光熱費の削減等の経済メリット

 

太陽光発電の無料設置(屋根貸し)のデメリット
  • 売電できない
  • 事前審査があり、設置できない可能性もある
  • メーカー等自由に選べない
  • 20年後にどの程度発電能力があるか不安

無料設置と激安(自己負担)設置、どちらが得か

無料設置に向いている人

 

壁安(自己負担)設置に向いている人

全てのトラブルの元は1社だけの見積もり

※1社だけの見積りでの判断は、いくら激安店でも即決は厳禁です。

太陽光発電の費用は少しの手間で大げさではなく数十万変わります。正しい比較するためには最低でも3社の見積りが必要です。

何しろ販売店は比較する競争相手がいることで、オーバートークや、相場よりも高すぎる価格設定ができなくなります。販売店各社がオークションのように競うことでで安くなる確率が上がります。

ちなみに、消費生活センターによると、太陽光発電のトラブルの多くは「1社だけの見積もり」で契約してしまったケースがほとんどです。

1番無駄がなく、リスクを最小限にする見積もり方法

一括見積りサイトに登録したユーザーは、ネット販売店よりもさらに購入意欲の高いユーザーからの依頼に集中できるためです。サイト利用者のほとんどが、条件さえ良ければ購入しようと思っている最高のユーザーです。

そのうえ、一括見積りサイト運営会社が、事前に厳しい審査した『優良販売店』しか登録できません。

例えば、すぐに故障した、つけてすぐに雨漏りなどのトラブルがあった場合、第三者機関として一括見積りサイトの運営会社が監視していますので安心です。言い換えると「安かったけどトラブル」を回避することができます。

【激安】と【安心】の両立を求めるのならば≪一括見積もり(サイト)≫を活用するのが現時点では1番効率がよい方法だと断言できます。


  • 人件費やテナント費用などの削減による【激安販売】
  • 厳しい審査を通過した実績
  • サイト運営会社の第三者機関の監視による安心
しかも、一度の依頼で複数の販売店の見積りが届きますので、オークション形式で競争し、勝手に安くなるので効率が良いです。

一括見積もりで比較材料を増やし【ネット激安専門店】の見積りと比較検討。

ちょっと面倒くさくてズルいですが、この方法が現状では
【最安値に近づく1番の効率がよい方法】になります。

顧客満足度で選んだ一括見積りサイト
サイト名 実績 審査基準 特徴
タイナビ 8万5千件以上
  • 登記簿謄本の提出
  • 訪問審査
  • 施行保証書の提出
  • 利用者数100万人突破の超大手サイト
  • ユーザーからの苦情の多い業者は登録を解除
  • 外注施工の業者は外注先のIDも確認
太陽光発電システム見積比較.com 9万件以上
  • 実績1年以上および50件以上
  • 信販会社との取引
  • アフターフォローの十分な説明
  • 施工実績はタイナビ以上!
  • アフター面の対応の良さは有名
  • 地域密着業者のみを厳選
太陽光発電の一括見積りサイトはたくさんありますが、まず上記の2つのサイトであれば利用者人数、施工実績、審査基準などもしっかりしているのでまず問題ないでしょう。
※ちなみに管理人は実際にタイナビを利用して激安で導入しました。